Whim

macOS(Mojave 以降)用に「スクリーンセーバーを切り替えるスクリーンセーバー」を作ってみました。

https://github.com/SolidUsagi/Whim

 

 

ネザーランドドワーフの男の子、「ふゆ」がスクリーンセーバーを気まぐれに切り替えてくれる───という設定です。スクリーンセーバー動作中にふゆは出てきませんが、システム環境設定のプレビュー小窓では、スクリーンセーバーを眺めながら切り替える順番を考えているふゆの姿を見ることができます。

 

未来派図画工作さんの「フルカラーボッサ」と「二十世紀ボヤージ」のどちらも楽しみたい人や、動かなくなってしまった「RandomExtra」の代替を探している人には気に入ってもらえるんじゃないかと思います。

 

本スクリーンセーバーはフリーソフトです。ご自由にお使いください。

使い方の説明、の前に。。。

 

友人が勤めている長野県上田市にある児童養護施設で、備品を新調するためのクラウドファンディングを実施しています。

readyfor.jp

もしよろしければ、ぜひ出資(寄付)のご検討を! 5月29日(金)午後11:00までです。

クラウドファンディングは終了しました!

 

・使い方 

以下のリンクをクリックしてディスクイメージをダウンロードしてください。ディスクイメージは公証済みです。

 

ディスクイメージ Whim_1.0.0.dmg をダウンロード

 

ダウンロードしたらダブルクリックでマウントし、中に収録されている「Whim.saver」アイコンをダブルクリックするとインストールできます。

インストールするとシステム環境設定の「スクリーンセーバ」パネルが開くので、左側のリストから「Whim」を選択してください。

 

「スクリーンセーバのオプション」ボタンをクリックすると設定パネルが開きます。

(Mojaveだと設定パネルは日本語で表示されるのですが、Catalinaでは英語で表示されてしまうので、両方の画像を貼っておきます。Catalina、バグ多すぎですよね。。。)

f:id:metallic_usagi:20200504232629p:plain

切り替え対象にしたいスクリーンセーバーにチェックを付けてください。スクリーンセーバー起動時と「切り替え周期」で設定した時間が経過したときに、チェックを付けられたスクリーンセーバーがランダムな順番で切り替わります。

 

「切り替え周期」ポップアップメニューで選べる設定は以下の通りです。 

f:id:metallic_usagi:20200504233531p:plain

「起動時のみ」を選択すると、スクリーンセーバー起動時だけ切り替わって、動作中には切り替わらなくなります。

「気まぐれ」を選択すると、切り替わるまでの時間がランダム(10秒〜2分)になります。マルチモニターの場合は各モニターの切り替えタイミングがバラバラになるので、より気まぐれ感が強くなってお薦めです。

 

・制限事項

macOSに元々収録されているスクリーンセーバーのうち、「フローティング」や「フリップアップ」などのスライドショー系のスクリーンセーバーは、プログラムから動作させる方法がわからなかったので動作対象外です。

また「今日の一言」は何度も切り替えているとメモリを食い潰して動作を停止してしまうため、動作対象外にしてあります。

 

XScreenSaverのスクリーンセーバーの中に、切り替え時に動作を停止してしまうものがいくつかあったので、それらは動作対象外にしてあります。

動作対象外のスクリーンセーバーは設定パネルのリストに表示されません。

 

その他、正しく動作させられないスクリーンセーバーも多々あると思います。場合によってはシステムクラッシュなどを引き起こすかもしれません。使用は自己責任でお願いします。

 

・おまけ

良い機会なので、15年も前にOpenGLで作ったスクリーンセーバーも公開しておきます。冒頭の動画の最初と最後に写っている、キューブが分裂し続けるスクリーンセーバーです。

 

ディスクイメージ Rebirth_1.0.0.dmg をダウンロード

 

本スクリーンセーバーもフリーソフトです。ご自由にお使いください。

今回、Retinaに対応するように修正して最新のSDKでビルドし直しました。macOSでOpenGLがdeprecatedになってしまった今、いつまで動作するかわかりませんが、楽しんでいただければ幸いです。

 

Fake3DViewer

RGBイメージ+デプスマップの画像・動画をLooking Glassで立体表示するUnityアプリケーションです。

https://github.com/SolidUsagi/Fake3DViewer

 

ふゆをLooking Glassで立体視できるように、Parallax Occlusion Mapping シェーダーの実験をしながら作ってみました。

去年の6月にGitHubに上げてから、まったくメンテしてません。SDKのバージョンも古いままですね。。。

 

当時の、以下のツイート以降に少し説明を書いてあるので、もし興味があれば辿ってみてください。